“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

カテゴリー「オートバイ」の20件の記事

2010年3月12日 (金)

KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その14 復調した!かな・・・

100312fx1今日はお休みをいただいて、予想以上の天気にさっそくFXの試運転と決めました。朝からケルヒャーを持ち出してエンジンの油落しを慎重に行い、始動してみるとまずまず快調!そそくさと身支度を整えていざ出発です。

  
  

心なしかエンジンの回転が軽い気がして、スロットルのツキも良好。わずかな操作でもきちんと反応します。回転のつっかかる感じは解消して、軽快に上まで回ります。やっぱり燃料系のつまりが主原因ですが、プラグやポイントの点検や清掃も効いているのでしょう。日ごろの点検整備は大事ですな・・・

  
  

乗り手がへっぽこになってるのと、タイヤ(AVON)も大分古くなっているので、例によって飛ばすぞ!は封印のペースでありますが、山道でも街中でも、このバイクとしては十分にスムーズな調子で走ってくれました。

100312fx2 ここ数日、「寒の戻り」という感じでしたが、今日は穏やかで風もなく、いよいよ春めいてくるのかなと期待させる「朝バイク」でした。

2010年2月28日 (日)

KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その13 どうも燃料系?・・・

100228fx2
庭の梅とのツーショット、FX版です(昨日、自転車でやりましたので・・・)。さて、不調の原因はイグニッションコイルと当たりをつけていたのですが、どうも燃料系らしい・・・これだから素人はね・・・

  
  

前回の記事の後、一度乗ったのですが全く吹けなくなって、近所を一回りするのがやっとで何とか家までたどり着く始末。青息吐息とはまさにこの事。

  
  

自分なりの過去経験に照らし合わせて、コイルと判断してネットオークションで安い出物を当たり出したのですがね、念のため先週はポイント(問題なさそう)、今週はキャブと燃料のつまりをチェックしておこうと。もっとも、4連キャブの同調となると敷居が高いので、あくまでも燃料つまりのチェックね。

  
  

ところがあなた、やってみるもんですね。キャブのドレンを緩めても、左2気筒の燃料があふれてこない!右は大丈夫でしたので、試しにあやしいキャブのドレンにパーツクリーナーをスプレーしてみると・・・

  
  

いきなりつかえが取れたように、燃料があふれ出しました!この調子ですべてのキャブのドレンを念のため掃除して始動。アイドルも1000回転をきっても、かなり安定して回ります。

 
  

念のため近所を恐る恐る一回りした感じでは、嬉しいことに全く問題なさそうでしたが、ある程度距離もしくは長時間乗ってみないと結論は出せません。成否は次回に持ち越し、とはいえ、素人判断は安易にするものではなく、一通り確認してから結論付けるべきだな、と、改めておもった次第です。

   
   
   

ようやく春めいてきましたのでね、エンジンの調子が戻れば、これからの季節が本当に楽しみですね。

2009年12月 6日 (日)

KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その12 点火コイルかな? (200番目の記事です)

091206fx1今日はよく晴れました!、プラグの調子はいかがかと一走り。結果は、う~ん、2番3番側の点火コイルがくたびれてきたかもね・・・

 

早いもので、5月にブログ開始以来この記事で200番めです。「自分史発掘」みたいなノリで始めた手前、手当たり次第おもい出したら記事にして、みたいな調子で書きとばしてきたため、テーマ的には収拾がつかなくなってきてます・・・でも、おかげでこのFX君については、復活の良いキッカケになったかなとおもいます。

  

晴れたとはいえ、昨日の雨でまだ日陰のコーナーはしっかり濡れてますし、落ち葉もコワいのでのんびりとね。大分寒くなってきた。この間きれいに紅葉していた山寺のカエデも、見事に散って山は徐々に冬枯れ色に染まりだしました。

 

前回よりは調子は良いようですが、やはり時々、特に信号停止やちょっと止めておいてまた走り出した後など、特に2~4速あたりでの加速時に少しもたつく感じが。いつもではなく、時々。帰ってからプラグをチェックすると、外列はいい感じですが内列が。電極部は良く焼けてますが周辺が少しカーボン気味で。ということは2&3番がやや弱い?となるとイグニッションコイルの疑いが・・・古い上に、走っているうちにオーバーヒート?

ちなみに、インライン4のコイルは通例2基あって、それぞれ外列:1番4番と内列:2番3番の担当ですので、2番3番のみ点火不良の場合、原因の可能性が高いわけです。このFXを83年に買って、割とすぐにこれが不調になって一度交換して、それ以来幸い元気でしたけどね。今度ポイント(!)をチェックして、大丈夫そうならいよいよコイルでしょうから折を見て交換するかな。点火コイルの突然死は、身動き取れなくなりますから。

 
 

年寄は、いたわらなきゃね。

2009年12月 4日 (金)

晴れときどきDIY その11 Z400FX今度はプラグ交換の巻 

091204fx1この前チョイ乗りしたときに、どうも途中からフケが悪くなりまして。実は今回だけではなく、しばらく走ると症状が出る事が多くなっていたので。で、久々にプラグをはずしてみるとこの通り!

  
   

奮発したイリジウム系ですが、長持ちするだろうとずいぶん放っておいたのがいけなかったわけで。内側の2本が特に電極も周りのガイシ部も大分痛んでました。外側はまあ良く焼けていた感じでしたが。なんにしても、カブッていたというのとはちがいますが、交換が必要・・・

 

  

091204fx3 で、近所のパーツ屋さんでNGKを買ってきました。本来は8番なのですが、もうそう飛ばさないし冬でもあるので、あえて7番で様子を見てみることにしました。標準仕様は、NGKなら「D8EA」、NDなら「X24ES-U」です。イリジウムなら、相当品を探してください。

メンテはさすがにネイキッドは楽で、しかも古いバイクなのでスッカラカンですから、タンクも何もいじらずにプラグを交換できます。便利です!


 
 

091204fx2 でまあ、締め具合に注意して取り付けましょう。トルクレンチはありませんので、軽くねじ込んでからククッという感じで最後締め込みます。始動性は特に問題ありませんでした。特別良くなった印象もなし。走ってみなきゃね。また今度。

 
 

さて、オイルを規定量入れるとけっこう滲みまして、昔からなんですがあまりいい気持ちではありません。オーバーホールといいたいところですが、このまま行けるとこまでダマシダマシ行くんでしょうな・・・カムカバー/シリンダヘッドとシリンダヘッド/シリンダー部の各々ガスケットに、タコメーターケーブル口あたりからのようです。丈夫なエンジンではありますが、どうもね・・・

2009年11月22日 (日)

KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その11 紅葉と、ちょっとカブリ気味?

091121fx1午後から出かける予定もあったので、朝のうちにチョイ乗りしておこうと、いつものコースに乗り出しました。雲は多めでしたがきれいな空で、気温も低すぎるという事もなく、まずまず快適なコンディションでした。

 
 

前日に彦根に遊びに行って、「金剛輪寺」(ここの国宝の庭は見事でした!)で紅葉は満喫してきましたので、モミジモミジとガツガツする必要もなく走っていたのですが。ところで、いわゆる「紅葉(もみじ)」といっているのは「カエデ」系が中心で、黄色くなるのは「イチョウ」などですよね。で、考えてみれば当たり前の事ですが、これらは大体が、自然に群生しているものより、人間が植えつけたものの方が多いわけで、山道を走っていれば必ずお目にかかれる、といったものではないわけです。

 

ぼんやり走っていて、紅葉してる木を見つけると、大体が家の庭とかお寺の境内のもので、そういえばそうだよね、と改めておもった次第。

 

091121fx2 バイクの調子はというと基本的には良い感じなのですがね。最近はそう飛ばすわけでもなく、タコメーターの針は中立あたりまでで良い子ちゃんしているわけですが、ぶらっと走って後半あたりから、ちょっと吹けが悪くなってくる。

 

コイルあたりがクタビレテきているのだと非常に厄介ですが、カブリ気味、という事もまずは十分考えられますので、近々プラグのチェックをしてみるかな。要すれば番手を落とすのも必要かも。

 
 
 

もう少し寒くなると、人間も「カブリ気味」になりそうです・・・

2009年11月14日 (土)

晴れときどきDIY その10 Z400FXスピードメーターケーブル交換の巻 

091114fx1この間の日曜に例によってぶらりと走っていたら、 ふと気がつくとスピードメーターが動いていない!ケーブルワイヤーが切れたわけですが、何回目かな?タコメーターのも同様で、よく切れるんですよこれが!

 

 

で、案の定はずしてみるとご覧の通り。切れたあたりを曲げてみると、妙に部分的に硬くなっている。推察するに、芯線の周りに細いワイヤをコイル巻きしてあるタイプのようなので、ねじりのストレスで部分的にコイル巻が詰まって、硬直したところに応力集中するのかも(あくまで素人の推察です!)。とすれば構造的に弱いわけで、なんともなりませんね。

 

091114fx2 で、純正を近所のパーツ屋さんに注文、とも考えたのですが、最近純正パーツは管理費がやたら上乗せされて高額商品になってますので、ここはひとつネットオークションで探してみました。純正やら社外品やらステンアウターまで、おもった以上に色々選べる状況で、ここは人気車種のありがたさを痛感しましたね。

 

で、その中でショップから格安で出ていた純正品をゲットしました。純正はまた切れる、ともおもいましたが、まあ以前ほどがんがん乗らないし、やはり安心だしね。

 

091114fx3で、交換です。ビキニカウルがあるため、今回はまず下側を決めて、途中で落ちないようにしました。その後、古いケーブルに沿わせて同じところからカウル内まで新ケーブルを通します。変なところを通すと、後でつらい事になるので、必ず正しいルートで通します

 
 
 
 
 
 
 
 
 

091114fx4 後はメーター側です。古いケーブルをはずして、新しいのとはめ変えるだけです。ところが写真にはありませんがビキニカウルが邪魔で、外せば良いのですがチョットややこしい取り付けをしてあるためにめんどくさいので、隙間から無理やり手を入れて、悪戦苦闘の末何とか締め付けました。

 
 
 
 

ここはこれでおしまいで、後はおまけに後輪がまだブレーキ引きずりがあるので、ペダル位置調整も合わせてリヤブレーキ周りの再調整をして今日は終わり。

 
 

素人いじりで、中々一発で好調、といかないのですが、まあこれはこれで、楽しみではありますのでね。

2009年10月31日 (土)

KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その11 午後のチョイ乗りは秋の日差し

091031fx2今日で10月も終わりですね。晩秋に向かえばすぐに年末までイッキです。先日足回りのひきずり調整などを行ったテストを口実に、午後の日差しの中をぶらりとね、いつものように田舎道へとハンドルを向けました。

 
 
 
 
  

エンジンオイルも減っていたので少々補充し、飛ばすでもなく山道をクルージング。足回りが心なしか軽快で、エンジンもいつもより楽そうに回っている気がします。まだチョット取り回し時にブレーキ引きずりの気が若干ありますが、目処がついてきた安心感は感じながら走りました。

 
    

091031fx1 今付けているコンチハンは比較的アップライトなので、ゆったり走ると景色が良く見えていい感じです。若い頃はかなり低めのコンチを付けて、前傾を取り易いポジションでいきがって走っていましたがね。

 
 
 
  
   
  

まだこのあたりでは紅葉の見頃には早く、山あいの集落の木々がけっこう紅いな、とおもったら、良く熟れた柿の実でした・・・


 

陽の落ちるのが、早くなりましたね。

2009年10月18日 (日)

KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その10 チョコット整備で引きずり対策など

091018fx1先日受けた車検で、ようやく車検証ができたので取りにいって来ました。そのあと、気になっていたブレーキの引きずり?もしくはアライメントの狂いにより、やたらと取り回しが重いのを何とかしようと、久しぶりにD(出来ることは)、I(いけるとこまで)、Y(やってみよう!)のDIY整備に挑戦です。

 
 
 
 

前輪側は、まずエンジンの下に馬ジャッキをかって、前輪を浮かせます。で、回してみるとブレーキの引きずり音が大で、ろくに回らない。フェンダーをはずし、下側の三又のロックねじを緩めて、引きずりが解消するようにフォークとブレーキキャリパーの調整をします。わずかにすれ音は残るがそこそこスムーズに回転するようにして、三又を締め込み、フェンダーも慎重に取り付ける。いい加減にやると、フォークのねじれが再発して、元の木阿弥です。

後輪側は、もっとしぶとく引きずっているのかほんとにほとんど回らない!割りピンを抜き、シャフトのロックナットを緩めたら、ブレーキキャリパーのトルクロッドも緩め、もちろんホイールアジャスターも緩めておいてあれやこれや、チェーンの引き具合も調整しながらスムーズに回る位置を探す。で、こちらも大分軽快になりました。ためしに軽く引き回してみると明らかに軽い!なんとかなったかな。

その他、気になっていたスロットルの引っ掛かりをグリップ部のワイヤー受けに注油して解決。ブレーキペダルの位置も、少し下げ気味にして踏みやすくしました。今日はここまで。


   

後は走るだけなんですが、今日は他の予定のために時間がなくなって、お楽しみは次回へ持ち越し。ストレスなく気持ちよく走るには、日常の点検整備が欠かせないわけですが、結構時間との戦いになるわけで、つらいところですな。でも、気になるところがあると楽しく走れませんので、仕方ないですよね。それに、何より安全にオートバイを楽しみたいですしね。

2009年10月11日 (日)

KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その9 取説とサービスマニュアル

091011fx1車検を受けるにあたり、車検証とともにテールカウルの中の車検証入れケースに入れていた取扱説明書を引っ張り出してみました。買ったときからのオリジナルとはいえ、ぼろぼろですな・・・


 
 
 
 
 

091011fx2 最近のバイクの取説は、どこまで詳しく載っているのか知りませんが、これはご覧のとおり、ポイント調整どころかバルブタイミング調整(!)までけっこう詳しく書かれています。昔はこのくらいのことは自分でやれ!だったのかな?FXの頃は、すでにそうでもなかったと思いますがね・・・

 
 
 
 

091011fx3 この妙に詳しい取説と、左のサービスマニュアルにパーツリストのトリオで、できるだけDIYでのりきってきたわけです。10数年前は近所にカワサキの専門店があって、パーツの手配とか整備のコツとか色々便利してたんですが、最近はバイクのパーツ屋さんにパーツカタログを頼りに注文するだけです。純正品も管理費の上乗せがひどくなって大分高価になってきましたし、できるだけ壊さないように大事に乗らないとね。

10月10日(土)晴 FXの車検はあっというまに終わった

091010fx1日記的メモです。訪問の方はとばしてください。

 
 

Z400FXの車検(何度目だろう・・・)朝9:00に予約をとってあったので、そそくさと準備。いつもの「ホ○デー車検」。とにかく安い、早いがいいところ。日常整備は自分でやるし、車検時の整備なんて調子が悪くならなければ良いや位の期待度なので、これで3回目かな?

今回も、もって行って事務所でアンケートを書いているうちに「確認をお願いします」ということで、30分くらいで終わりました。あまりにあっけないけど、これが狙いなのでOK。

今日は午後から「某業界向け雑誌の前編集長引退記念講演会」に顔を出す約束をしてあるので(これ自体は懐かしい顔にも会えてとても楽しく過ごしましたが)、車検後天気が良いにもかかわらずひとっ走りとはいかなかったが、今後足回りを中心にじっくり整備しましょうかね。とにかく、引き回しが重いのはきちんと組めていない証拠とおもうので・・・

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ