“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« 2014年6月 | トップページ | 2015年4月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

「大映特撮映画DVDコレクション」第2号「大魔神」 大傑作!でも彼は果たして怪獣か?

Dscf6564_2

大映の怪獣映画といえば、「ガメラ」シリーズと「大魔神」三部作が双璧、という事になっています。本作は三部作の一作目にして、今でも傑作の名を欲しいままにする優れた作品であります。大映スゲー!ってわけですが、でもこれって「怪獣映画」と呼ぶのは正しいの?



大映東京撮影所による1965年の「大怪獣ガメラ」の大成功により、大映京都が触発されて?お得意の時代劇を生かした「怪獣映画」の企画を立案。元ネタはゴジラ系でなく、チェコスロバキアの!1936年のモンスタームービー「巨人ゴーレム」だそうです。実はこの「ゴーレム」、DVDをなぜか持っているんですけど、20分位でもういいやと思ってしまいまだ最後まで観ていないという代物ですw したがって、「土くれの巨人像に魂が宿る」という基本的アイデアはともかく、作品のレベル的にはもう全く別物と言えるとは思います。



この作品自体は子どもの頃からテレビの映画劇場で何回か見ておりまして、なかなかの傑作、特にクライマックスの「討ち入り」・・・もとい、魔人が城に攻め入ってくるあたりの迫力と特撮の質の高さは、ひょっとして東宝以上(もちろん?ガメラ以上)では?という印象を持っておりました。今回もその印象は変わらず、むしろディアゴスティーニさんの東宝ゴジラシリーズをすべて鑑賞した後の目で見ても、本当に高いレベルであると再認識致しました。



理由は主に2つ。一つ目は合成シーンの仕上がりの自然さです。例えば魔人の山で大魔神が封印の岩を崩して出てくるシーンは、画面右手の大魔神と左手の主人公の動きと色調のマッチングが(スケール感は怪しいものの)とても自然です。そして何より山城に攻め入った後の、兵士たちとの戦闘シーンでの合成は本当に見事と思います。付属のブックによるとブルーバック合成に大映開発による当時の最新手法を投入したという事ですが、この出来栄えは東宝を超えていると言っても言い過ぎではない気がします。



もう一つは特撮セットのリアル感です。「大魔神」の怪獣映画としては小柄(笑)な身長設定がもたらした特撮セットの寸法が、ブックによると1/2.5という事で、これがリアルな作り込みに非常に貢献しているようです。瓦1枚1枚に至るまで再現したようですが、何より山城の建物の倒れ方が、確かに日本建築ってこのように倒れるよね、といちいち納得させられてしまいます。さらに折れた柱の断面とかとにかく細かい所までリアリティのある作り込みがされています。東宝作品ですごいと思ったのは「ラドン」の北九州のセットや「モスラ」の渋谷界隈、「サンダ対ガイラ」のL作戦の山中や漁村などいろいろありますが、一歩も引けを取らないどころか凌駕するほどのリアリティがあります。それもこれも、この1/2.5という「もう少しで等倍のセット」という設定が大きく貢献しているようです。




本編部はもうね、もろに「全盛期の時代劇映画」そのものですね。セットの感じとか、殺陣の感じとか、古典的だが品格のある、「木枯らし紋次郎」以前の?時代劇映画そのものという感じです。でもさすがに大映京都?カメラワークが本当に綺麗ですし、画面の構図も今見てもそれほど古さを感じない、アート的にも納得のゆく高いレベルのものだと思います。役者さんの演技も皆さんなかなかいいですね。修羅場でも顔にあえて汚しメイクをせずに綺麗な化粧とするのも大映的な品格、という事のようです。乙女の涙でチリと消える・・・なんて設定も、当時的リリシズムで素敵ですよね。それにしてもスゴイのは、本編だけ見るとフツーの時代劇の作りなのに、荒唐無稽な大魔神登場の特撮パートと何の違和感もなく溶け込んで、一本の映画として見事にまとまっている事ですね。企画、脚本、演出、編集のすべてがいかに練りこまれていたか、本当に感心してしまいます。




という訳で、心から「大傑作」と思える「大魔神」なんですが、ただ一つ引っかかるのは、果たしてこの映画は「怪獣映画」なのか?また大魔神は「怪獣」なのかという、超基本的な設定上の問題についてです。Wikiの「怪獣」項を読んでも、大魔神のようなタイプについてはあまりピッタリな説明が無いようです。日本的自然信仰の神ですが少なくとも東宝のバランのような「獣」ではないですし、「怪人」も違う気がする。「タイタンの戦い」に出てくるような「巨人」とか「巨神」とかが近い気はしますが、彼らを「怪獣」のくくりで語るのはどうなんでしょうか。どーでもいいじゃん、という声が聞こえてきそうですが、あえてこだわるのは、当時この作品は人気赤丸急上昇の「怪獣映画」のジャンルに区分けされて、「ウルトラQ」だのゴジラだの(もちろんガメラも)といっしょくたに、「怪獣ブーム」の一翼を担っていたような記述がDVD付属のブックにあったためです。




当時の風潮をかんがみ、商売上の区分けをしたら、とりあえず「怪獣映画」として売り出すのが賢明だったのでしょう。あの東宝の「宇宙大怪獣ドゴラ」なんてのも、怪獣というよりは「SF映画」と言った方が座りは良いのにあえて「怪獣映画」として売り出して、結局「?」の評価を頂いてしまったように、ブームというのは「こうあるべき」を超えることがあるんだなと再認識した、他に類のない「特撮ファンタジー時代劇映画」であるのかな、というのが今回の結論ですかね。




でも「キワモノ」と言わせない完成度の高さが素敵です!この孤高さが、本当に本当に、素敵な作品です! 

2014年9月13日 (土)

「大映特撮映画DVDコレクション」第1号「大怪獣ガメラ」 記念すべき第1作は大映魂の宝箱

Dscf6562

「大映版」は無理かなと思っていたら、やってくれましたディアゴスティーニさん!全46巻の予定だそうで、また当分楽しめそうです!第1巻はこれしかないでしょ!の、ガメラシリーズ第1作。東宝ゴジラとは一味違う独特の映像世界を確かに確認できました。





以前にも書きましたが、ガメラシリーズは東宝ゴジラに遅れる事約10年のスタートで、確かに独自のアイデアに溢れてはいるものの、第1作が単独で東京、第2作が敵役の四足と大阪城で対決、というように、パクリとは言いませんがなぜか先輩の足跡をたどるようなスタートをしています。しかもガメラ第1作公開時点でゴジラは6作目の「怪獣大戦争」(シェーのやつね)で、とっくの昔にカラー&ワイドスクリーンとなっているわけですが、ガメラはなぜか白黒映画でのスタートです。このあたりのいきさつはWikiに少し書かれているようですが、理由がなんであれ、とても疑問に感じる所です。



とはいえ、やはりモノクロームは「ゴジラ」「ゴジラの逆襲」がそうであったように特撮のアラ隠しとホラーな雰囲気づくりには確かに効果的で、本作でも良い味につながっているようです。今回観直してみて、改めて結構重厚な画面の雰囲気となかなかスムーズな特撮と実写の合成に感心しました。特に自衛隊の作戦行動や逃げる人々のシーンと特撮シーンのつながりはとても自然でリズミカルでさえあり、むしろ東宝をしのいでいるようにも感じました。



特撮の技術面でも予想以上に健闘している感じで、全編迫力があります。東宝の大作に比べるとビルなどのセットがややチープとか、北極で登場時に氷が噴き出すシーンが不自然な表現に感じるなど、こなれてない部分が散見されて、この辺りは円谷東宝組に一日の長を認めざるを得ないかなと思います。それでも火炎放射やコンビナートの爆発シーンは大迫力ですし、特に地熱発電所のシーンはカット割りや構図も含めて、見事な出来と称賛して良いものと思います。




本編の演出もなかなか軽妙で、「ゴーゴー喫茶」?のやりとりや飛行機の中で煙草を普通に吸っているシーンなど当時の風俗がとても自然に物語の中で生きている感じが好感度高しです。主人公の科学者のセリフ回しでも、東宝ならさしずめ「・・・だと良いのだがね」と格好つけた感じになるところを、「・・・だといいんだけど」的な庶民的な感じになっているところが新鮮で親しみやすいですね。



昭和ガメラシリーズのもう一つのお楽しみは「知恵比べ」と思います。本作にしろ「対バルゴン」「対ギャオス」にしろ、人間側(主に学者先生)と怪獣の丁々発止の「知恵比べ」が実に面白く、作品にリズムと緊張感を与えていると思います。背骨のひとつといっても良いと思いますね。本作でも、人間側は超高圧電流から始まって冷凍爆弾、さかさまにひっくり返して餓死作戦、重油を満載したタンク車をぶつけて時間稼ぎをしたり、海上に火の帯を作って大島までガメラを誘導したりと、あの手この手と次々に「なんじゃこれ」寸前の面白アイデアをそれは生真面目に実行してゆきます。で、「なんじゃこれ」と思っても、けっこう食いついて見入っちゃうんですよね。その度にガメラがその作戦を上回るパフォーマンスを発揮するわけです。特に餓死作戦の時は実に効果的に「回転ジェット」を初披露して窮地を切り抜け、人間側を思いっきり出し抜くわけですが、このシーンの演出は本当に見事だと思います。



そんなわけで全体としてはなかなか面白くてよく出来た怪獣映画と思うのですが、引っかかる点も正直いくつかあります。基本的なところでは、初代「ゴジラ」のような「存在自体の重み」というものは、まあまったく感じられないなという点ですかね。東京大空襲と原水爆の恐怖の暗喩(というかそのもの)であった初代ゴジラに対して、北極でアトランティスで石の波文様程度では、いくらエスキモーの長老が怪しい発音の英語で恐怖の伝承を力説しても、日本人に「生まれいずる悩み」は伝わりませんねぇ。もっともこの映画が製作されている頃にはゴジラ様だって初心はどこに行きにけりかなという感じでしたので、これはこれでアリとは言えるんでしょうけどね。



2つめの疑問は主人公の子どもの態度です。カメが大好きで大好きで、ガメラに命を救われたこともあり自身の飼っていた子亀の生まれ代わりのようにガメラを慕って、どんな危険も顧みずに行動し(まあ、勇気というより無分別ですが・・・)大人たちにガメラへの攻撃をやめるよう懇願します。正直かわいい坊やというにはちょっとこまっしゃくれたお子さんですがそれはともかくとして、この子の真摯な態度と行動に観客の子供たちは自己を投影して、ガメラを好きになっていったのでしょうね。ところが大島にたどり着き、「Zプラン」の最新の科学設備を見たとたん、この子は「寝返る」わけです(笑)「ぼく、ここ気に入ってるんだ」とはしゃいで、笑顔で火星に向け追放されるガメラの乗ったロケットを見送るわけです。彼の「気持ち」についてはいろいろ好意的な解釈は出来るんでしょうけど、自分には何度観ても納得いかないシーンですね。トイストーリーではないですが、新しいおもちゃに夢中になって忘れられたウッディが本作のガメラ、というのはひねくれた大人の突っ込みでしょうか。当時の子供たちはどのように感じたのか、ぜひ聞いて見たいところです。



Zプランといえば、結構リアル系の怪獣パニック映画として描かれた本作のエンディングとしては、ちょっと座りが悪く感じるのは私だけですかね。いきなり当時の最新SFレベルの、例えばサンダーバード秘密基地みたいな施設が都合よく大島に建設中、なんてね。表現としてガメラを殺したりしたくなかったでしょうし、東宝ゴジラなんてすでに宇宙人や円盤がバンバン登場していた時代ですから、当時としては意外に不自然な流れではなかったのかもしれませんが、今となって単純に一本の作品のまとまりとしてみた場合、なんとなく唐突な終わり方と自分には感じられました。少年の不自然な寝返りも含めてね。このせいか、なんか後味がスッキリしないところが残るわけで・・・





という訳で、例によって勝手な感想を書きましたが、興行的にも大成功で、思惑通りゴジラのライバルとして成長してゆく人気シリーズの第1作として、やはりそれだけの価値ある映画であると再認識しました。今まで思っていた以上に、面白かったです今回。Zプランのくだりをのぞけば、という所はありますが、本編演出、特撮ともに、大映さすがですねという事を再認識できました!さて第2号は「大魔神」。本当に楽しみです!「ギャオス」と「バルゴン」もね!

2014年9月12日 (金)

クイックエースライフ2014  「アキワールド FRONT CARRIER」投入して見ました

Side1

前回投入の改良かごカバーはとても調子が良いのですが、せっかくのフロントバッグ的見栄えをさらに洗練させてみたくなりました。耐荷重も上げたいですしね。そこで、(何年振りだろう?)ついにフロントキャリア投入に踏み切りました!



例によってAMAZONであれこれ検索。デザインと重量と、なにより取り付け可能か(つまりユウズウが利く構造か?)、そして価格も出来るだけ安く(ほら始まったw)などと厳しい条件で探してゆくと、行きついたのが「アキワールド FRONT CARRIER(CR-YI-00)」のシリーズです。デザインならやはり日東!なんですが、ちとお高いのと、なにせむりやり700C投入のわがクイックエースでは、キャリア取付け位置の設定がめちゃくちゃになっていますのでとてもつけられそうになく断念。結局足の位置に自由度が大きそうで、かつアルミ製!で軽量の本製品に決定(せざるを得ない?)です。


このアキワールド FRONT CARRIERは3色展開で、ホワイト、ブラック、シルバーが選べるのですが、これにはかなり悩みました。シルバーがポリッシュ仕上げなら即決だったのですがあまり輝度の高くない塗装なのでアルミに見えないうえにボリューム感が過剰に感じ、いっそ黒にするか大分悩みました。結果的にシルバーを選びましたが届いた現物を見てやはり納得できず、剥離剤で塗装を落としてペーパーとピカールでせっせと光らせる羽目に。塗装がしっかりしてるのが裏目で、剥離剤に数日つけておきました。


その他の問題は、以前にも書きましたがこのフレーム、カンティ台座の芯々寸法が異常に狭い(57mm位)ために、キャリアの脚をいろいろ組み替える必要があったことです。写真のようにパーツを反転させたり中外入れ替えたりした結果何とか収まりましたが、今度はブレーキゴムのフネのシャフトが当たってしまい、切り詰める羽目に・・・このあたり汎用品の悲しさですが、取り付けられただけでも喜ぶべきなのかもしれません。



とはいえ、結果的にではありますが、キャリアの収まった位置が前後も高さも、自作のバッグサポーターとそこに取り付けたカゴの位置に、「奇跡的」といってよいほどピッタリドンズバ!(なんて昭和な表現w)でありました。画像の通りバッグサポーターとキャリア後端の前後位置がピッタリ。かごの底面とキャリア上面がピッタリ!のみならずかご底面の取り付け金具用ネジ穴位置とキャリア前側パイプの前後位置がピッタリで、「東叡か!」というほど(言い過ぎですな)うまい事収まりました。こんなこともあるんですねぇ。




かごを外した状態では、さすがにルネ・エルス由来のこだわりランドナー系のような綺麗な収まりとはいえない、無骨なデザインと取り付け位置のこの「アキワールド FRONT CARRIER」ですが、かごを付けた状態では逆に「あつらえたような」収まりの良さとなって満足度高しです。軽いですが耐荷重3Kgという事で、お買い物やちょっとぶらりとバッグを放り込んでお出かけ、なんて使い方でも安心ですしね。結構気に入っている今日この頃です。



さて、次は何をしようかな・・・・・



Fq1


かごとかごカバーがないとこんな感じで、何となくしまりがありません。今の自転車ってキャリアの取り付けに関しては無神経なので、今風といえばそうなんでしょうけど、ランドナー世代の審美眼からは噴飯もの?


Side_up1


・・・なんですが、ご覧の通り、バッグサポーターとキャリア後端の前後位置はピッタリで、ハンドルとも絶妙に隙間を取ってカゴとカバーが綺麗に収まります。「たまたま」こうなったわけで、何とも不思議です。


Up1


底面前側の取り付け金具も、キャリアの後端位置とかごカバー後端も、見事に綺麗におさまりました。とはいえ、元々の東叡製アルプスQA26インチ用オリジナルスチールキャリア(現在死蔵)ならこれより数センチ下方に、いかにもランドナー的に美しく収まるはずです。


Aki1


でも脚の取り付け位置調整は初期設定ではすんなりいかず、ばらしてはあれこれ組み替えて寸法合わせ。(この画像は塗装剥離前で、アルミらしさのかけらもない妙なシルバーに塗られています。この後剥離!)


F_up1



カンティ台座の位置のせいでこんな取付けになりまして、フネのシャフトが当たるので切り詰めてあります。まあ、総合的にはまずまずうまく行ったと言ってよいかな。


Fq_up1


キャリアそのものについては、無骨なデザインはもともとVブレーキのMTB用ですし、価格を考えれば精度も仕上げもこんなものでしょう。何より軽量なアルミパイプキャリアがこんなにお手軽に入手可能とは、良い時代になったものです、はい。

« 2014年6月 | トップページ | 2015年4月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ