“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« 晴れときどきDIY その16 キオクハウスの立て看板を自作しました! | トップページ | ミステリー 石森章太郎「幽霊船」連載時期の謎 »

2012年3月13日 (火)

「FUJIFILM X10」がやってきた! その4 クイックエースとお散歩

Dscf04481

3月12日、朝は快晴で雲一つありませんでした!ここのところの天候不順と店のスケジュールでなかなかお散歩もままならない状態でしたが、この天気では出かけない手は無いとなんとか時間を作って芦花公園までポタリング。クイックエースとX10、初のコラボです!

  
 

きみまろズームでは今一つ空の青さが再現できませんでしたが、X10ではご覧の通り、STDモードでもかなり派手目の発色です。ちなみに今回の画像はJPEG撮って出しで、多少のトリミングを除けばPC側での色調操作は一切していません。芦花公園もいつの間にか少しずつ春の装い、菜の花畑はご覧の通りです。

 

Dscf04181

Dscf04241

例によって画像は「フォト蔵」とリンクしていますので、フルサイズ(4000X3000ピクセル)でご覧になりたい方は画像をクリックしてみてください。いっぱいに引き延ばしてもかなり頑張ります!朝の陽ざしを思いっきり浴びているフレームやアルミパーツのまぶしさが、見事に感じられます。

 

Dscf04271

Dscf04342

ラスト1枚はモノクロなら「パターソンの世界」かという雰囲気を狙ってみました(パターソン分かりますか?)。環八沿いの公園とは思えない風情です。今年はなかなか寒さが抜けませんが、春は確実にやってきています。開店前のひと時、素敵なリフレッシュタイムになりました。クイックエースはおかげさまで好調です。のんびりポタリングには、独特のロングホイールベースがうってつけ。日東アップハンドルとセラアナトミカ・タイタニコサドルにより、アップライトポジションでも体は楽々ですし、なにより見晴らしが良いのが楽しいですね。

 
 

X10は今回が初めての「外出」でしたが、とても使いやすく楽しく写せました。ちょっとイラっとしたのは、光学ファインダーの視野率がやはり小さ目で、あたりをつけるのに慣れがいるのを再確認したことと、ファインダーのアイカップ(って言うんですかね?)が丸くなっているために、目の位置が少しずれると周辺がケラレてちょっと見づらく感じたことですか。とはいえ「ファインダーを覗いて撮る」という楽しさは確かに伝わりました。慣れは必要ですが、それもまた楽しさになりそうですね。純正カメラケースは、まあ速写向きではありませんので、デザインとカメラ保護用と割り切って雰囲気を楽しみましょ。何にしても、「写真を撮る」という行為そのものを楽しくしてくれる、素敵なカメラだという事を再認識しました。工房 絲のストラップはとても柔らかで、カバンからの出し入れも装着感もストレスフリーで楽々です!

 
 

天気の良い日にまた来ようっと・・・・

« 晴れときどきDIY その16 キオクハウスの立て看板を自作しました! | トップページ | ミステリー 石森章太郎「幽霊船」連載時期の謎 »

FUJIFILM X10」カテゴリの記事

アルプス・クイックエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/54208640

この記事へのトラックバック一覧です: 「FUJIFILM X10」がやってきた! その4 クイックエースとお散歩:

« 晴れときどきDIY その16 キオクハウスの立て看板を自作しました! | トップページ | ミステリー 石森章太郎「幽霊船」連載時期の謎 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ