“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« 6月30日(水) 岡田JAPANの皆様、本当にありがとうございました! | トップページ | ウルトラマン商店街 後編  隠しウルトラネタを探せ!  »

2010年7月 3日 (土)

ウルトラマン商店街 前編  祖師ヶ谷大蔵はウルトラの聖地? 

100703ultra12

実家に程近い位置にある「ウルトラマン商店街」。近所に円谷監督のご自宅があったり、なによりも円谷プロや東宝の特撮スタジオなども直近だった縁で、町おこし?感覚でスタートした、企画物の商店街といえるんでしょうか。歩いてみると、秘密がいっぱい?!

  
 

100703ultra8

もともと小田急線祖師ヶ谷大蔵駅を中心に、北、西、南にそれぞれ商店街が伸びていました。総延長ではけっこうな長さ(2km以上だったかな・・・)になりますね。その3商店街が合体して、2005年に「ウルトラマン」に変身したというわけで。高架式への改装なった祖師ヶ谷大蔵駅を下りると、いたるところにウルトラ系のビジュアルが・・・

  
  

100703ultra4

駅前の広場に、さっそくウルトラマン(初代のお顔エステ後タイプか?)の立像が!デザインも素敵でなかなか立派です。

  
  

100703ultra3

ただしこの広場、実際の人の流れとほんのちょっとずれてまして・・・駅前自体はけっこうな人手なのに、彼の前はごらんの通り寂しい状況で・・・すこし残念な状態ですね。

  

100703ultra7

こちらも駅前の案内板ですが、立像よりも良い位置にありまして、しっかり目立ってます。デザイン違いでもう一枚ありますね。なかなか凝っていて、いい感じです。

  
  

こんな感じで、私鉄の各駅停車の駅としては、けっこう力が入った取り組みですね。デザインも施工も、ちゃんとしていて素敵です。ちなみに最初の画像の空飛ぶウルトラマンは、商店街の3方向それぞれの出口に設けられたアーチにセットされていて、実はそれぞれ違うタイプ(マンとゾフィーと新マンなのだとか)という懲りようで。

 
 

ところで、これらの「目立つ」ビジュアルに対して、「かくれウルトラマン」というか、わざわざ目立たないように?こっそり作りこんだマニアックなビジュアルがありまして、理由はしりませんがおそらくファンの方にはなんともニンマリと楽しめそうなことになっています。そのあたりは後編で・・・

« 6月30日(水) 岡田JAPANの皆様、本当にありがとうございました! | トップページ | ウルトラマン商店街 後編  隠しウルトラネタを探せ!  »

ゴジラ・怪獣・特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/48787996

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマン商店街 前編  祖師ヶ谷大蔵はウルトラの聖地? :

« 6月30日(水) 岡田JAPANの皆様、本当にありがとうございました! | トップページ | ウルトラマン商店街 後編  隠しウルトラネタを探せ!  »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ