“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« ソニーの「ナブ・ユー NV-U35」と、遊びにいこっ! その6 オートバイ用の音声案内対応作戦! | トップページ | ソニーの「ナブ・ユー NV-U35」と、遊びにいこっ! その7 オートバイとクルマの共用へクレードル改造大作戦! »

2010年4月11日 (日)

「東宝特撮映画DVDコレクション」第14弾 「ゴジラ対メカゴジラ」 う~ん、やっぱり“ミヤラビ”かなぁ・・・

100411mg1レンタル流れのボロボロとはいえVHS持ってますし、一度感想もまとめてありますのでね、買おうかどうしようか大分迷ったのですが、結果的に、今でもものすごく微妙な気持ちです・・・どうなのかなぁ・・・

  
  
  

この「東宝特撮映画DVDコレクション」も、この「ゴジラ対メカゴジラ」で早くも14作目。いくつかは買わず仕舞いですが、怪獣系はすべて購入しました。改めて観直して、印象が(記憶より良い方向に)変わった作品も結構あったのですがね。これは全くと言っていいほど、以前から持っていた印象と変わらない作品です。良くも悪くも・・・

  
  

どうも、ドラマ部分と怪獣の対決シーンのバランスが悪いのかな。コンビナートでの対決シーンは火薬の量がハンパではなく、今の目で見ても迫力満点で良いのですがね、アンギラス戦も沖縄決戦も、「お山のセットでプロレスごっこ」そのもので、少なくとも大人の鑑賞には堪えません。特にあの「黒いやつ」の動きがね、あまりにも子供じみていて、「怪獣らしさ」が全く感じられない・・・いくら子供狙いといっても、あの演出はどうなんでしょう?まだ当時の「ガメラ」のほうが、(たとえ鉄棒をやっても)よほどリアルで威厳のある動きを表現していたとおもいます。

とはいえ東宝の怪獣映画の見どころは、むしろ敵役が素晴らしいキャラクターぞろいだというところでしょう。キングギドラにガイガンね。モスラアンギラスももちろんですし。その中でもこのメカゴジラは、5作品に出演した名脇役であり、その凶暴性でいったらこの初代は歴代敵役の中でも最高クラスですね。動きもまじめにサイボーグ怪獣(?)らしさを追求していると思います。首が180度回って、前後の敵を同時に攻撃するシーンは、発想も含め、素晴らしいと思います。

 

ところで、全く自衛隊や防衛軍の出てこない怪獣映画というのは本当に不自然ですね。なのにいきなり「インターポール」ですよ!記憶では、「インターポール(国際警察)」なる組織は、70年代のTVドラマの設定として大流行だったと思うのでその影響でしょうけど、必然性はあまり感じられませんね。ブラックホール星人にしても、地球を侵略する作戦としてはどうも納得できないですし、そんなこんなで、特撮にも本編ドラマにも感情移入が出来ないわけで。

  
  

で、結局、むちゃくちゃな設定の挿入歌「ミヤラビの祈り」のインパクトに勝てない、という結論に再びたどり着いてしまいました・・・何回見ても、同じですかねぇ・・・

http://fifties-graffiti.way-nifty.com/blog/2009/08/post-dcfd.html

« ソニーの「ナブ・ユー NV-U35」と、遊びにいこっ! その6 オートバイ用の音声案内対応作戦! | トップページ | ソニーの「ナブ・ユー NV-U35」と、遊びにいこっ! その7 オートバイとクルマの共用へクレードル改造大作戦! »

ゴジラ・怪獣・特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/48058711

この記事へのトラックバック一覧です: 「東宝特撮映画DVDコレクション」第14弾 「ゴジラ対メカゴジラ」 う~ん、やっぱり“ミヤラビ”かなぁ・・・:

« ソニーの「ナブ・ユー NV-U35」と、遊びにいこっ! その6 オートバイ用の音声案内対応作戦! | トップページ | ソニーの「ナブ・ユー NV-U35」と、遊びにいこっ! その7 オートバイとクルマの共用へクレードル改造大作戦! »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ