“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その14 復調した!かな・・・ | トップページ | 「ヨネザアド物語」 アタゴオルのルーツは素敵に不条理 »

2010年3月12日 (金)

3月12日(金)晴れのち曇り トヨタ会館でレクサスとトランペットロボットを見た

100312toyota1お休みでヒマなのでぶらぶら。たまたまトヨタ会館のそばを通ったので久しぶりに寄ってみました。いろんな車を一度に見られるし、何よりレクサスがフツーにおいてあるのがいいね。レクサス店なんて、外車ディーラーより敷居が高そうで怖くて入れません・・・

  
  
  
  

最近は例のロボット楽団がここで仕事をしているようで、今はトランペット君がエントランスのボックスで固まってます。時間が来るとまず客寄せにデモンストレーション。ほかのお客さんたちとつられて行って見ると、しばらく何もせず固まっていて、まさかこれで終わりじゃないだろ、とちょっとイラッとした頃に、いきなり「世界に一つだけの花」を吹きはじめました。なかなか上手なものですが、やはりなんというかね、空気の送風量がデジタル的にあまりに安定しているためか、人間が吹くような「ゆらぎ」や「くせ」のようなものは感じられないのが逆に面白いところです。

  
  

新型パッソもプラドもSAIも置いてあって座り放題で楽しめましたが、やはりレクサスは段違いに上等上質で、凄いと思いましたね。空間が濃密、というか、欧米的なセンスの、いろいろなものが強く主張しながらまとまっている、ある種の押し付けがましさをちゃんと表現してる気がします。ヨーロッパのホテルなんかに泊まると感じるあれね。比べるとクラウンは、やはり日本建築。ちゃんと作り分けているところがさすがトヨタ。展示はF1や新技術などもあり、旧車中心の「トヨタ博物館」とはまた違って楽しめます。ミュージアムショップもレアなトヨタ車のミニカーが豊富で、目の保養ね。

  
  

100312toyota2 レクサスをポンと買える様な身分ではもちろんありませんが、最近の不景気で夢のない車が増えている気がしている中で、こういう浮世離れした車に気軽に触れられる施設は、貴重なものだなあと感心してきました。車好きパワーを少しだけ充電できたような・・・

« KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その14 復調した!かな・・・ | トップページ | 「ヨネザアド物語」 アタゴオルのルーツは素敵に不条理 »

クルマ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/47790885

この記事へのトラックバック一覧です: 3月12日(金)晴れのち曇り トヨタ会館でレクサスとトランペットロボットを見た:

« KAWASAKI Z400FX(E3)のこと その14 復調した!かな・・・ | トップページ | 「ヨネザアド物語」 アタゴオルのルーツは素敵に不条理 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ