“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« ミニカーちょっとだけ その2 Radi-Can 「PAJERO EVOLUTION 2000」 | トップページ | 「原子怪獣現わる」対「ゴジラ」 DVDを観ての感想は・・・ »

2010年1月 5日 (火)

ミニカーちょっとだけ その3 NOREV「CITROEN 2CV PROTOTYPE 1939」 

1001052cv1これな~んだ?とても自動車には見えないですが、あのシトロエン2CVの有名な試作車ですね。NOREVの1/43です。頂き物と記憶しております。

 
 
 

「こうもり傘に4つの車輪をつけたもの」が初期コンセプトだったそうで、「4人の大人と50kgの荷物を積んで、時速50kmで走る事、積荷の卵が悪路でも割れない事、トップハットをかぶったまま乗れる事」、などなど、大変ユニークかつ当時の技術からしたらなかなかの難題が目標に掲げられていたそうです。

 

1001052cv5 戦前から多くの試作車が作られたそうですが、大戦中にほとんど失われたそうです。この有名なクルマは、確か現存しているとおもいます。特にサイドビューはかなり生産型に近いイメージをしておりますね。

 
 

1001052cv2 とはいえ、ヘッドランプが1個しかないというのはかなり凄い割り切り。トタン板のようなフードパネルも凄いです。要求性能と機能を最低限のコストで成立させるための、技術者の執念が伝わってきます。

 
 
  

1001052cv4 現代では、ここまで徹底した技術志向の商品は難しいでしょうが、もともとは一人でも多くの人にクルマに乗って欲しい!という、モータリゼーション黎明期ならではのピュアなコンセプトですのでね。その心意気には大いに感じるものがあります。

 
 

 

1001052cv3 さすがに実物は見たことありませんが、ちょっと荒めの塗装など、本物らしさをかもし出していて素敵です。きれいな化粧箱入りで、クルマの詳しいヒストリーもついています。

 
 
 
  
  
  
 

2CVも大小いろいろあります。珍しいものはありませんが、何となく、集まっちゃいました。

« ミニカーちょっとだけ その2 Radi-Can 「PAJERO EVOLUTION 2000」 | トップページ | 「原子怪獣現わる」対「ゴジラ」 DVDを観ての感想は・・・ »

シトロエン2CV」カテゴリの記事

ミニカー・模型」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
クリームイエロー乗りでした。
熱い思いが伝わってきまして、。

二馬力は、無情に乗りたくなります。
では。

自国では、ジャンリアルと言うカラーです。

40半ばの自分ですが、17年乗ってました。
今は後継者のプルリエル、ブルールシア。

はじめまして、ブログ管理人です。コメントありがとうございます!

クリームイエロー乗りの方からのコメントは、ことさら嬉しいです。今もシトロエンに乗り続けておられるとの事、うらやましい限りです。
 
まだいくらかは、「珍騒動」や「珍装備」ネタがありますので、のんびりと書いてゆこうとおもいます。ミニカーもありますしね。また時々お立ち寄りいただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/47212841

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカーちょっとだけ その3 NOREV「CITROEN 2CV PROTOTYPE 1939」 :

« ミニカーちょっとだけ その2 Radi-Can 「PAJERO EVOLUTION 2000」 | トップページ | 「原子怪獣現わる」対「ゴジラ」 DVDを観ての感想は・・・ »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ