“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« 杉浦日向子「ニッポニア・ニッポン」 出会いの一冊は宝石箱 | トップページ | 「ぽっどきゃすてぃんぐ落語」応援してます! »

2009年11月29日 (日)

「MGミジェット騒動記」 その1 それは独身時代のアダ花?

091122mg1ここに一枚の古い写真があって、今でも部屋に飾っているのですがね。独身時代に乗っていた、MGミジェットの思い出です。

 
 

社会人一年生の年に、会社のクルマ好きな先輩から、ビートルに乗り換えたいので買わないかと勧められ、YESと答えた時からドタバタ劇が始まったわけです。2CVと違って成り行きで盛り上がっちゃったわけですね。その後5年ほど維持していましたが、まあ、本当に色々とトラブルがありましたね。

  
  

クルマは大好きではありましたが、そこは社会人一年生、お金は当然ありません。父から略奪した初期型ギャランGTO MⅡでがんばっておりましたが、それもこれも、クルマをポンと買える状況でないためで。しかもチビチビのスポーツカーなんて、実用上ほとんど役立たずですからね。結果的にある程度親借金させていただきましたが、言い訳が大変でした。

前後して、会社の同僚の間で小型スポーツカーがちょっとしたブームになり、一時期は「フェアレディ2000」、「トライアンフ スピットファイア」、「フィアットX1/9」などそろいまして、世話役格の先輩の企画で、地域の愛好家の方々と日帰りツーリングなどで楽しんでおりました。写真はその時のもので、たぶん蒲○市のどこかだとおもいます。

 

そんな楽しい思い出もありますが、それ以上にトラブルの記憶が豊富でしたね。とにかく信頼性という言葉から、一番遠いクルマでありました。

結果として、少しずつ少しずつ直していって、ほぼトラブルが出なくなってやっと本調子だぜ!というところで、結婚して手放す事になってしまいました。

それで会社の先輩に、奥様用という事で譲ったのですが、その方はその後会社を辞め、奥様とは離婚され、更に残念な事に病気で他界されたということです。そんなわけでこのクルマがどうなったかは知る由もありませんが、元気で走っていてくれたらと時々ふとおもいます。

 
 

091122mg2 クルマ自体は、例の不細工な安全バンパーと排ガス対策装置を搭載した北米向けベースの最終型で、1978年型あたりだったとおもいます(また調べておこ・・)。結局はこのやっつけの排ガス対策が、トラブルのすべての原因だったわけです。

 
  
  

残っている写真は、みな楽しそうに写っているんですがね。でもね、やっぱり良い経験ができたなと、今ではおもっています。この顛末も、このブログに記録しておこうとおもいます。

« 杉浦日向子「ニッポニア・ニッポン」 出会いの一冊は宝石箱 | トップページ | 「ぽっどきゃすてぃんぐ落語」応援してます! »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/46888740

この記事へのトラックバック一覧です: 「MGミジェット騒動記」 その1 それは独身時代のアダ花?:

« 杉浦日向子「ニッポニア・ニッポン」 出会いの一冊は宝石箱 | トップページ | 「ぽっどきゃすてぃんぐ落語」応援してます! »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ