“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« 7月18日(土)曇のち晴れ  ねこの「やる気」と目の調子 | トップページ | 「世界最速のインディアン」は「世界最良の映画」のひとつ »

2009年7月18日 (土)

ゴジラ対ガメラ 平成2対決? 「わたしはレギオンがわからない」

090718gamera1 ガメラ2の食玩をおもちゃ屋で手に入れたので、例によってフォトショップでちょこっとやってみました。

 







 

このフルタの食玩のシーン、「飛行場に現れたレギオンの後ろ足にアタックする飛行形態のガメラ」という、ジェスチャーゲームのお題だったら「キーッとなりそうな、マイナーでややこしい場面です。

 

090718gamera4 元ネタはこういう場面。









  

090718gamera5 模型自体は、こういうものです。予備知識がないと、なんだかわかりませんねえ。

 

 

 

 

 
 

090718gamera3 で、なんでこんなシーンを選んだかというと、「レギオンが大きすぎて全身を表現できなかった」というのが理由だそうです・・・

ところでレギオンて、巨大すぎることもありますが、どういうデザインだったかもう一つはっきり思い出せません。造形が少々複雑すぎるんではないかとおもうんですがね。

  

これによくにた印象を持っているのが、平成ゴジラ第2作「ゴジラVSビオランテ」の、植物怪獣(?)ビオランテさんです。以前、昭和版ゴジラとガメラの第2作がよく似ているとブログに描きましたが、平成版の2作目も、けっこう共通点がありますよ。

  


まず、相手怪獣が初出で、しかもどちらも植物怪獣要素を持っている(レギオンも草体に依存)。しかもやたらとでかい。そして、デザインが複雑で、全体的な印象がもう一つ薄いというか、つかみづらい。逆に、ゴジラもガメラも、復帰第1作より格段にリアル系でカッコいいデザインになってます。オマケをいうなら、両作とも、やたらと自衛隊ががんばります。

 

090718gamera2 製作年度をみると、またまた7年ばかりガメラが後追いなんですね。平成版はゴジラもがんばっていて評価も高いので、ガメラのほうがまた後出しジャンケンで勝ったとは簡単にはいえないとおもいます。まあ、「ガメラ2」、作品としては決して悪くないんですが、ね。

  
  
  

2作目って、むずかしいんですかねぇ・・・

« 7月18日(土)曇のち晴れ  ねこの「やる気」と目の調子 | トップページ | 「世界最速のインディアン」は「世界最良の映画」のひとつ »

ミニカー・模型」カテゴリの記事

コメント

 来る… レギオンはきっと来るよ…
こんにちは、ガメラ医師です。
映画の中でレギオンの全体像が見えにくいのは、全身が露になり着ぐるみっぽく見えてしまうのを監督が嫌ったせいだという説を拝見したことがございます。ガメラのスライド式火球三連射も、着陸シーンの不自然さを誤魔化す演出だったとか。こういう細部へのこだわりが、平成三部作の名作たる由縁かと思われます。
 レギオンvsビオランテの対決論も、興味深く拝読致しました。ビオランテvs草体・レギオンの対決があったら、どちらが勝利するとお考えでしょうか…。 ^^;)ゞ

ガメラ医師さん、こんにちは。いつも気にかけていただいてありがとうございます。
たしかに、平成ガメラ3部作の「映画」としての魅力は、「ゴジラ系」以上だとおもっています。
「ビオランテVSレギオン」ですか、むずかしいですね。お医者様に向かって失礼ながら、これ、「ガン」VS「ウイルス」みたいなものかと。レギオンは、完全なる外部からの侵入者。言ってみれば「ウイルス」ですよね。ですから、「ガメラ」も「人間」も、「地球」という「体」を守るために、非常にシンプルに戦うことが出来ました。ところが「ビオランテ」は、「人間」という地球の一部が暴走して生み出した「ゴジラ」という「ガン細胞」の「変異体」。「自分自身との戦い」に行き着くのかな。さてどっちが人間にとって怖いんでしょうね?などと妄想。答えにはなりませんけどご了承のほどを・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/45667325

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ対ガメラ 平成2対決? 「わたしはレギオンがわからない」:

» ガメラ:08年7月第4週のフィギュア関連情報 (その1) [ガメラ医師のBlog]
 本日三本目の更新です。一本目「ライヴガメラ /07/24」はこちら。 二本目「角川大映スタジオ情報 09/07」にはこちらより。  先週末からの連休中に拝見した、ガメラフィギュアの関連記事をまとめております。 前回18日付けの「第三週の (その2)」はこちらから。  7月18日は、『土用の丑の日』でございました。 『フクロムシ&コブクロムシの怪獣なんでも研究所』 http://blogs.yahoo.co.jp/hukuromusi1017/ さん、7月18日の更新。 土用の頃には「火喰い亀... [続きを読む]

« 7月18日(土)曇のち晴れ  ねこの「やる気」と目の調子 | トップページ | 「世界最速のインディアン」は「世界最良の映画」のひとつ »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ