“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« 「川本真琴」天才説   その1 「愛の才能」の才能 | トップページ | 「川本真琴」天才説   その3 「微熱」で微熱 »

2009年7月10日 (金)

「川本真琴」天才説   その2 「DNA」のDNA

090709kawamoto3

衝撃のデビュー作のあと、順調にヒットシングルを連発し、ヒットチャートの常連となった川本真琴さんなのでした。しかし、わたしの中での「あの不安感」は解消するどころか、さらに大きくなっていった気がします。

  
 

画像は右から2ndシングル「DNA」、3rdシングル「1/2」、4th「桜」、5th「ピカピカ」です。もちろんこの4曲は一人のアーティストの作品ですから作風に一本スジは通っています。「愛の才能」の作曲は岡本靖幸さんでしたが、「DNA」以降は川本さんの作曲ですので、これをもって、「川本流」は完成したといっていいのかもしれません。

    
     

川本流のもっとも強い特徴は、やはりマシンガンのような早口のセリフ回しだとおもいますね。とくに「1/2」と「桜」のあたりでは、よほど耳がよくなければもはや聞き取れませんし、たとえ歌詞カードがあったとしても、カラオケで歌いきるにはそうとうの練習が必要とおもわれます。

    

普通、POPS系は売れてなんぼでしょうから、こういった強烈な特徴は「キャッチーなフレーズ」と言ってもらえる範囲で止めておいて、全体的には耳ざわりがよく歌いやすいようにまとめるものだとおもいます(余計なお世話でしょうが・・・)。

    

ところが川本さんはそんな常識をどこ吹く風で吹き飛ばしました!しかも、これはあくまでも憶測ですが、彼女は早口言葉を意識的・戦略的につかっていたのではなく、きわめて自然に自分流に、心の内側から湧き上がる強い思いを表現したら、必然的にあのような歌詞が、そしてメロディーが生まれたのではないか、とおもうのです。そして、あの歌詞だからこそ、あのようなメロデーラインでなければ一つの楽曲として融合する事はできなかったのだろうとおもうのです。  

  

そしてたぶん川本さんの歌詞には、パワーセーブとかパワーコントロールという概念がそもそも存在していない。たとえば子供のような、ものすごく無垢でダイレクトで残酷な感性を、増幅させるだけ増幅させることはできても、押さえ込むことはできないのではないかとおもいます。ところが張り裂ける寸前のその歌詞を、あろうことか「J-POP」風にさえまとめてしまえる作曲能力も同時にもっている・・・それはきっと、単に美しいメロディを作曲できる才能というより、「あの歌詞に最適の曲を作れる才能」なのかもしれません。

    
    

ではこちらが持ち続けた「不安感」とは何だったのでしょう?それは、あの「カミソリ」のような、「マシンガン」のような、「爆弾」のような歌詞を持った曲が、甘くて食べやすい「J-POP」として消費されていくことに対して、本能的に感じたすわりの悪さ、落ちつきのなさから来ていたのではないかと今ではおもいます。「愛の才能」を聞いてイメージした自分なりの川本真琴さんの将来イメージと、「DNA」以降のアイドル的路線のギャップがもたらした「不安感」であったとおもいます。 

     
    

そんな不安をある意味裏付けるように、川本さんは寡作になってゆきました・・・

« 「川本真琴」天才説   その1 「愛の才能」の才能 | トップページ | 「川本真琴」天才説   その3 「微熱」で微熱 »

川本真琴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/45592779

この記事へのトラックバック一覧です: 「川本真琴」天才説   その2 「DNA」のDNA:

« 「川本真琴」天才説   その1 「愛の才能」の才能 | トップページ | 「川本真琴」天才説   その3 「微熱」で微熱 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ