“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« 「川本真琴」天才説   その4 「ミホミホマコト」な「タイガーフェイクファ」 | トップページ | 7月18日(土)曇のち晴れ  ねこの「やる気」と目の調子 »

2009年7月12日 (日)

クイックエース 「ビフォーアフター」 その8  ALPS QUICKACE 2009

090712qa1

2009年7月現在の仕様をまとめておこうとおもいます。1974年に入手して、実に35年がすぎました。ずいぶん仕様も変わりました。基本コンセプトす ら大幅に変わったのかもしれません。ただ一つ変わらないことは、35年たった今も「現役」であることです。そして、たぶんこれからも「現役」であり続ける だろうことです・・・

 

 

090712qa3

090712qa2        

090712qa4

フロント周りです。QAの最大の特徴である、ヘッドのクイックリリース小物は当時のまま残してありますが、ヘッドパーツ自体はタンゲの最近の輪行用 に打ち変えてあります。少々厚手のため、ロックナットのかかりがぎりぎりです。DIA-COMPEのオッポジットレバーが輪行対応してませんので、今後改 良の余地ありです。シフターはサンプレ鉄クリテで、サンツアーの台座を削ってむりやりインストールしています

 

090712qa5
























ブレーキはシマノのアルタスですが、700Cを入れるためにシューの取り付け位置を数ミリ上まで削り込んであります。ワイヤーのつり金具は千鳥では なく、シマノ独自のアーチワイヤータイプ(切削タイプ)です。ランプはCATEYEのLEDで、もとのランプブラケットにダルマネジを流用して取り付けま した。フェンダーはブルーメルのプラ製ブルー色を黒パールに自家塗りしてます。

 

090712qa6




















駆動系は、当初からのプロダイのクランク&B/Bに、購入後早い時期に交換した「ルネパターン」のギア板48×32歯です。Fディレーラーはサンプ レのスライド式。ペダルは今回のリフォームで採用したシルバンです。ボトルケージは、MINOURAのペットボトル用。気楽に使えます。

090712qa7

Rディレーラーはサンプレ・プレステージ。当初からの本体に、後期サンプレのプーリーケージを組み込んだニコイチですが、快調です。フリーは中古のサンツアー・パーフェクト14~28Tです。静かでなめらか。チェーンはシマノの5段用。



090712qa8

ブルーメルは、ステーを下側のみとしています。1本紛失したのと、取り付け金具がボロボロになったためです。残念ながら、輪行用の分割はまだやってませ ん。ハブはシマノSF(600以前のもの)、リムは最近入手したアラヤの700C(たぶん廉価品)。テールランプは、「planet bike」のLEDタイプを加工して、ダイナモ座に取り付けました。



090712qa9

センタースタンドはNUVOのアルミ製で、確実にロックするよう加工してあります。CATEYEのメーターのセンサーが、ケイデンス用もあるのでやや煩雑。ワイヤレス積み替えねらってます。


 

090712qa10

ヘッドマークは本来真鍮製(!)ですが、いたんでいたので外して、かわりに自作のインクジェット製を暫定使用してます。シートチューブのマークも同様。いつかオリジナルをとおもっていますが。



090712qa11

ハンドル周りは日東の「オールランダーバー」(ケーブル用穴加工済み)と、当時QA標準のグランコンペ(ボルト埋め込み加工)です。ベルとメーターがこの 位置なのは、TOPEAKのフロントバック用サポーターを中心付近につけることがあるためです。CATEYEのこの「STRADA」はものすごくいいです よ。デザインもいいし、とにかく使いやすい!ベルはBoroのものですが、もう少し雰囲気のあるものがほしいところです。グリップはクッション入りの皮製 ですが、雰囲気はいいが意外と手が疲れます。

 

 

090712qa12

サドルはおなじみの「セラアナトミカ・タイタニコ」です。ピラーはシマノ600ax。サドルが薄手のため、ピラーがよく見えてメカニカルで軽快でよい感じ です。ブラックのフレームも今回のカラーリングにはよくあいました。「QUICKACE」のロゴはノンオリジナルです。

 

 

とりあえずですが、一段落かなとおもっています。欲をいえばキリがありませんが、当初の「なんとか走れるように」という状況から考えたら夢のようで すし、「クロスバイク化計画」を達成した上でさらにディテールアップできましたから、オーバー達成といってよいとおもいます。もちろん、100%自己満足 ですがね。

 

 

車重はこの仕様で「11.7kg」でした。ハイテンで、ドロヨケ、前後ランプ、スタンドついて革サドルつけてこれなら、まあよしといえるかな。次回は「総決算」をしてみますかね。

« 「川本真琴」天才説   その4 「ミホミホマコト」な「タイガーフェイクファ」 | トップページ | 7月18日(土)曇のち晴れ  ねこの「やる気」と目の調子 »

アルプス・クイックエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/45615057

この記事へのトラックバック一覧です: クイックエース 「ビフォーアフター」 その8  ALPS QUICKACE 2009:

« 「川本真琴」天才説   その4 「ミホミホマコト」な「タイガーフェイクファ」 | トップページ | 7月18日(土)曇のち晴れ  ねこの「やる気」と目の調子 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ