“50代の落書き”「フィフティズ・グラフィティ」のコンセプト

« クイックエース 「ビフォーアフター」 その6  700C投入計画!(前編) | トップページ | クイックエース 「ビフォーアフター」 その7  「スタンド」出現! »

2009年6月27日 (土)

クイックエース 「ビフォーアフター」 その6  700C投入計画!(後編)

090626qa1一般的に26インチ設定の自転車に700Cをインストールする場合以上に、「この」クイックエースには解決すべき重大な問題点がいくつかありました・・・(あ、よいこはけっしてマネしちゃだめですよ!!!)

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

その最たるものが、ブレーキの取り付け関係です。基本的に、700Cと650Aでは、リム外形で約32mm、半径約16mmの差があります。クイックエースはカンティブレーキなので台座の位置は650A(というか、26X1 8/3インチ)ベースで溶接されています。16mm差をクリアーするだけの調整しろがなければ、ブレーキが装着できません。いろいろしらべましたが、そんな都合のいいブレーキは市販されてないようです。それならカンティ台座を使わない、サイドプルやセンタープルのキャリパータイプにする手も考えましたが、シートステーブリッジの穴が、通常と違い上下方向の穴(本来は2分割リヤドロヨケを装着するため)ですので、それらも装着できません。くわえて、フロント台座の芯芯寸法がやたら狭いため、ボルトオンで装着できるブレーキがないことが判明しました・・・

 

で、いろいろ考えた結果決心したのは、まずブレーキ本体を削って(!)シューの調整しろをできるかぎり上方向に伸ばし、さらにブレーキシューのあたり面を斜めにけずって(!)正規位置に近づける方法です。

 

これは、シマノ・アルタスでしか出来ません!ほかのブレーキでは、十分な削りしろ(5mm位削ったと思います)がとれません。けがの功名というか、たまたまアルタスをつけていたのと、アルタスはゲキ安いために万が一失敗しても打撃が少ないのが、この「こどもは決してマネしてはいけない」苦肉の策にチャレンジする気になった要因でしょう。テコ比がかなり不利になりそうで効きが心配でしたが、結果として予想よりしっかりした十分な制動力で、強度的にもいまのところ問題ないようです。

  

また、ハブがクイック仕様(9mmシャフト)となりますが、フロントフォークの軸受け部が8mm幅の固定ナット用設定で、これまたどうしようと。で、今までの650Aホイールとの互換性を考えて、あえてシャフト側(ねじ山)をけずって調整しました。これもよい子はマネしちゃだめですよ!!!

 

090626qa2 さらに、エンド内のり幅が、フロントが約97mm、リヤが約124mm(?)あたりで、それに対してハブはフロント100mm、リヤ120mmですからこれもまずい。「長○川」のご主人によると、昔はそんな規格(フランス流?)がたしかにあったようですが、どうしたものかと考えて、ワッシャの増減で幅を調整しました。おかげで、フロントのインナーシャフトは少々あまってます。

  
  
  

  
  
  
  
 
  

090626qa5 リムはアラヤ(品番は不明。「長○川」にて調達)、スポークは「星」の15X17ステンレスダブルバテッドで組みました。最初304mmで組んだのですがどうも長すぎたようで、後に301mmで組みなおしました。よく、「迷ったら長め」といわれているようですが、長すぎるのはチューブに刺さりますのでむしろ短めがよいのではないかとおもいます。それにしても、スポークの適正な長さというのは、なかなか一発では決まらないようですね。

 

なお、スポークの組み方は、いわゆる「井上組み」という組み方が強度的にすぐれているという情報がありましたので、それを信じてトライしてみました。実際のところはわかりません・・・検索すれば、すぐ情報がとれますよ。

 

タイヤはパナの定番「パセラ」の700X25Cにしました。「クロスバイク」風なら、28Cとか32Cでもよいのかもしれませんが、まず軽快さを優先してみたかったので、あえて細め設定としました。


  
 

090626qa3 で、他人には決してすすめられないかなりムチャクチャな方法でしたが、700Cホイールのインストールが完了しました!リフォーム計画の最大の山場を越えたこととなります。さすがにクイックエースでここまでやった方はあまりいないでしょう。というか、普通はもう一台買いますよね・・・フリーはサンツアーにかえました。見た目はレジナに比べいまいちですが、なにせ音が静かで滑らかな感じがして、気に入っています。

 

心配した乗りごこちも意外とよろしくて、おもった以上に快適です。もちろん、乗り味はねらったとおりとても軽快になりました。見た目もかなりすっきりして、もうほとんど「ランドナー」感が薄れてきたようにおもいます。イメージチェンジという面では、かなりいったのではないかとおもいます。まあ、好きずきでしょうけどね。 

  
  
 
  

問題点としては、タイヤ外形が大きくなった分、座面も上がって、信号待ちがつらくなったことですかね。いまさら「あしながおじさん」にはなれませんのでね・・・

  
  
 

« クイックエース 「ビフォーアフター」 その6  700C投入計画!(前編) | トップページ | クイックエース 「ビフォーアフター」 その7  「スタンド」出現! »

アルプス・クイックエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539101/45463534

この記事へのトラックバック一覧です: クイックエース 「ビフォーアフター」 その6  700C投入計画!(後編):

« クイックエース 「ビフォーアフター」 その6  700C投入計画!(前編) | トップページ | クイックエース 「ビフォーアフター」 その7  「スタンド」出現! »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ